2012年12月23日

村上春樹訳・山本容子画の「クリスマスの思い出」・・・素敵です。


大好きなカポーティの「クリスマスの思い出」が村上春樹の訳と山本容子の

銅版画で、精巧な絵本のような一冊の本に仕上がりました。

「あるクリスマス」も村上春樹+山本容子の同シリーズ本。

「クリスマスの思い出」の1年前のクリスマスを舞台にした作品のようです。

クリスマスの思い出   あるクリスマス   A Christmas Memory (Tale Blazers)
  

クリスマスの思い出    あるクリスマス     A Christmas Memory

はるか以前、新潮文庫の龍口直太郎訳の「クリスマスの思い出」を読む

その前に、私は漫画で同作品を読んでいたのでした。

山岸涼子の「クリスマス」という作品は登場人物の名前こそ違いますが、

カポーティの「クリスマスの思い出」に想を得て描かれたものでした。

後で気づいたのですが、最後の一コマの隅に小さく手書きで

「A Christmas Memory  Truman Capote」と記されていました。

村上春樹の本   山岸凉子「クリスマス」

あるクリスマス




posted by yu at 10:14| ちょっとしたネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





ファッション通販のベストセラー





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。