2012年12月28日

amazonで売れている スイス国民に配布された本「民間防衛」とは


平和な国スイス。永世中立を謳っているスイス。しかし平和や中立を宣言しても、それを勝ち取り、維持する心構えがなければあっという間に属国になる。これが国際社会。今の日本は平和でしょうか? たしかに武力を伴った戦争はしていませんが。。。スイス政府が国民に配布している本「民間防衛」は、こっそりと国の中枢に忍び込む敵との戦いも想定しています。





もうちょっと詳しく見てみましょう



第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」
第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」
第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊」
第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」
第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う」
最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民」

いま日本はどのあたり?

北朝鮮のトップがスイスに留学してましたよね・・

民間防衛―あらゆる危険から身をまもる  最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌






レインパンプス レインブーツ  ゴアテックス
posted by yu at 12:46| ちょっとしたネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





ファッション通販のベストセラー





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。